東京で引っ越しで苦労したこと

学生時代に東京で一人暮らしを体験して何度も引っ越しをしましたが、苦労したことといえば不用品回収や業者の探し方です。料金は運ぶ荷物をなるべく減らすと安くなりますが、家具や家電製品など大きなものになれば回収業者に依頼すると料金が非常に高くなります。結局は不動産屋の担当者から買い取ってもらうと便利ですがすぐにはできないからすぐにするようにアドバイスされ、リサイクルショップに出張買取を依頼すると費用を大幅に減らせて良かったです。回収業者は金額が不透明な場合も多く失敗すると予想以上に出費が増えるため、関わらないようにすることが一番無難であると思いました。

引っ越しは地域によって料金の相場が異なりますが、不用品回収をうまくすると出費を大幅に減らせることを知りました。東京は他の地域と比べると業者の数が多いですが、不用品回収をするためにリサイクルショップに依頼するとなればなかなか希望通りに取れないものです。結局は予約して10日後になりましたが、不動産屋の担当者からアドバイスされていたことが分かりました。出張買取はその場で手続きができるため楽な方法ですが、利用者が集中しやすい年度末や長期休暇期間中は予約を取ることが難しいものです。不用品回収は粗大ごみもあり有料になることや事前に連絡が必要で、回数が限られているため一筋縄ではいかないと感じました。

東京で引っ越しをする時は利用者が集中しやすい時期は絶対に避け、不用品回収や粗大ごみの処分以外に住所変更手続きなどやるべきことが多くてきちんと準備して臨むべきだと感じました。業者を選ぶ場合は余分な費用がかからないようにしたいものですが、繁忙期にはキャンペーンが適用されないことやリサイクルショップが取れずに業者に依頼せざるを得ない場合もあります。手順を決める時は不動産屋の担当者からアドバイスを受けて流れを決めやすかったものですが、何も教えてもらえないとどうなっていたか考えるとゾッとしたものです。